ライフハウス緑橋2

技が光る手作り作品〜ファッション編〜

2021.1.18

大阪市東成区にあります、住宅型有料老人ホーム ライフハウス緑橋2です。

コロナ禍で外出を控え、居室にいる時間が増えたのでと、ご入居者M様がフロントへ、手作り作品を見せてくださいました。

技が光る手作り作品!冬物ファッション編!として、ご紹介いたします。

モデルはスタッフが、つとめさせていただきました。

エントリーNo.1「編み物のショール」

ポイントは、胸元にパイナップル柄に編んであり、肩から広がるところも同じ柄で丸く柔らかく見えるところです。

「これは、プレゼントで送るのよ。」とおっしゃっていました。

ショールの暖かさ以上に、心が温まりました♪

papa
yy

後ろから見た感じ

pp

エントリーNo.2「着物をリメイクしたチュニック」

渋い和柄なチュニク、ポイントは襟元が着物ようになっています。

少しスリムに見える!?サラッとして着心地も最高です。

papa

技をご紹介!元が着物なので、横から見ても襟首がしっかりと立って、すっきりとした印象になります。

wa

エントリーNo.3「膝掛けをリメイクしたチュニック」

ポイントはお尻が隠れる長さと、膝掛けの名残をデザインにしてあります。

とても、軽くて暖かかく、膝掛けだったので手で触った感じもなめらかで、とても良かったです。

ff

技をご紹介!襟首、袖口、全て手縫いです!

ほつれ、ないように縫ったあとで、模様を編んでいており、技が生かされています。指先を使うのは集中力も必要で、脳トレにもなっているんですね。

「80になっても、これぐらい作れたわ。」とM様、謙遜されていますが、これだけ出来るって!すごいです!

sode

 撮影中に通りがかった、ご入居者T様が「私も作ったのよ♪」と、持ってきてくださいました。

エントリーNo.4「パープルのショール」

三角のフォルムと襟元がポイントです。広げると三角のショールですが、縁取りがより立体感が映え上着のように見えます。 

eri

後ろ姿です。三角のフォルムが後ろ姿にも活かされています。暖かいのはもちろんですが、色々な服に合わせてられるのもいいですね。私は、グレーのセーターに合わせてみたいです。

ura

 ご入居者の皆さん!本当にお洒落なんです!それも、自分で作れるなんて!

スタッフの私はいつも、勉強させていただいております。

緊急事態宣言が出ている今、自粛生活を強いられています。

そんな中でもご入居者は趣味等に励んで、この時期を乗り切って行こうと前向きに過ごされています。

これからも、ご入居者の素敵な作品をハウス通信で紹介してまいります!

(fromハウススタッフ)


  • 記事の一覧へ戻る
  • このハウスについて詳しく知りたいはこちら

自分にあった有料老人ホームや高齢者施設が見つからない方や、入居についてご相談したいことがございましたら、お気軽に下記の無料相談窓口(フリーダイヤル)または資料請求とあわせてご相談ください。 安心の老後を送っていただける第二のお住まいが見つかることを願っています。

資料請求・お問い合わせはこちら

過去のトピックス

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ

長谷工シニアグループ

  • 長谷工シニアホールディングス
  • 生活科学運営
  • センチュリーライフ
  • ふるさと
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。 ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。