制度・仕事を知る

生活科学運営は1983年の創業以来、

高齢者、女性、子どもという
社会的弱者の視点から生活を見つめ、

生活にまつわる問題の解決に
取り組んできました。

社長メッセージ#01

私たちの存在価値

私たちは、運営する有料老人ホーム、高齢者向け住宅を「ハウス(=我が家)」と呼んでいます。ハウスづくりにおいては、「生活」にこだわりを持ち、設計から営業、運営までを一貫して自社で行っているところが特徴です。高齢者の身体的状況やニーズは経年によって変化します。生活科学運営では、変化するニーズに応じた住まいの選択肢を用意し、利用する方自身が選べるサービスの幅を広げてきました。例えば、ライフ&シニアハウスでは、お元気な奥様が経年により介護が必要になった場合、そのままご主人と同じ居室でも、別々の居室でも生活することが可能です。さらに、必要なサービスだけを選択することもできます。

また、私たちは、地域の方や高齢者、障がいを持つ方だけでなく何らかの働きづらい条件を抱える人も含めて働く場を創出する「ユニバーサル就労」という取り組みをしています。ハウスは街の居住エリアにあります。そこで暮らすリタイアされた方や主婦など、従来の働き方におさまりにくい人も活躍できる場を生み出すことで、地域も元気になっていくと考えています。

このように私たちが生活者のニーズに応じて事業を自由に組み立てることができるのは、制度からものを考えず、常に「あるべき姿」を追求し、そこからビジネスを考えているからです。
地域に住まいやサービスの選択肢を広げていくこと、それが私たちの存在価値だと考えています。

社長メッセージ#02

社員に対する想い

生活科学運営の主な仕事の舞台はハウスです。

ハウスでは、ご入居者が暮らし、地域の方々がつどい、社員に加えて地元住民や障がい者の方が働き手として活躍しています。このような舞台で働く社員には、リーダーシップや問題解決力、協調性や発想力を持ってほしいと考えています。色々な職種の社員が、当事者としてアイディアを出し合い、問題解決を目指すボトムアップの風土がありますので、自らアイディアや意見を発信しているような経験をしていると、きっと活躍できる職場だと思います。

社員の学生時代の専攻や専門分野は多岐に渡ります。多様な価値観や知識を持つ仲間と共に、地域コミュニティづくりを実践していきたい、そう思っています。

生活科学を知る

  • 企業理念
  • 会社の特徴
  • 会社概要※公式サイトへジャンプします。