高根台つどいの家

生活に欠かせない『食』 〜労協船橋事業団との連携〜

2009.2.17

今年6月に開設予定の「高根台つどいの家」では、様々な団体と連携をしながらハウスオープンに向けた準備を進めています。
毎月1回定例会議として、様々な話し合いをもっていますが、1月・2月の定例会では、生活に欠かせない『食』についての話し合いを行いました。

『食事』面の連携をしているのが、労協船橋事業団ワーカーズコープ「四季彩」さん。
四季彩さんは、地元・高根台で配食サービスをはじめて9年。出来るだけ地域の安心・安全な食材を使用し、手作りにこだわったお弁当を提供しています。
現在も地域のお年寄りや、学校の先生など多くの方に利用されている配食弁当屋さんです。

●09年1月の定例会

1月の定例会議ではスタッフ向けの試食会が行われ、味・見た目・量など相互に意見を交換しあいました。
「ご飯の
硬さはどうなのか?」「ボリュームはどうか」 等々・・・・

人の生活に欠かすことのできない「食」だからこそ、参加者の思いも一塩。
この相互のやりとり=コミュニケーションこそが、開設後もより良い関係を築いていくために必要であるということを痛感した試食会となりました。

試食会の様子。朝・昼・夕の3グループに分かれて。

★朝食メニュー

★夕食メニュー

●09年2月の定例会

2月の定例会では、食券機のデモンストレーションが行われ、自分達も実際に使用しながら商品選定を行いました。

使用方法を真剣に聞いてます。食券機も奥が深い・・。

実際に使用してみました!!

高根台つどいの家の食堂は、開設後 地域にも開放していく予定です。
人々の
生活に欠かせない『食事』。その食事を通じて、高根台つどいの家が、その名の通り様々な人が行き交う「つどう」場所になればと願うばかりです。

開設まで約3ヶ月。準備作業も大詰めを迎えています。
今まで以上に他団体との連携を強化しながら09年6月予定のオープンに向け、準備を進めていきたいと思っています。
from.開設準備部スタッフ)




一覧へ戻るarrow

自分にあった有料老人ホームや高齢者施設が見つからない方や、入居についてご相談したいことがございましたら、お気軽に下記の無料相談窓口(フリーダイヤル)または資料請求とあわせてご相談ください。安心の老後を送っていただける第二のお住まいが見つかることを願っています。

資料請求・お問い合わせはこちら

過去のトピックス

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ