高根台つどいの家

焼き芋と焚き火の会に参加しました

2009.1.29

冬晴れの1月25日に、建設地の西側の松林で、焼き芋と焚き火の会が行われました。秋からこの日の為に落ち葉を集めておき、30キロのサツマイモを焚き火の中で焼き芋にします。去年に続いて、準備室スタッフも参加資格である燃えるものを持って、参加しました。

火の加減をチェック。後ろは建設中のハウスです。 茹でた白玉粉を火にかざして焼き目をつけます。
しょうゆだれつけて熱々を。子供達に大人気です。
焚き火の横では、冒険 遊び場 元気村が活動しています。ハンモックやお手製のブランコが子供達の人気。おなかが空けば、焼き芋を貰います。
「焼き芋ちょうだい」「熱いから気をつけてね」「フーフー」こんな何気ない交流も普通に行われる場となっています。
松林は、以前からの住民交流の場。一緒に焚き火にあたり、焼き芋を食べて、何気ない話に花が咲きます。
来年の焼き芋と焚き火の会には、開設されたハウスの隣の地で、たくさんのご入居者やご利用者と一緒に楽しみたいと思います。
サツマイモだけでなく、焼きりんごや焼き卵とか…。夢は膨らみますね。
(from.スタッフ)

一覧へ戻るarrow

自分にあった有料老人ホームや高齢者施設が見つからない方や、入居についてご相談したいことがございましたら、お気軽に下記の無料相談窓口(フリーダイヤル)または資料請求とあわせてご相談ください。安心の老後を送っていただける第二のお住まいが見つかることを願っています。

資料請求・お問い合わせはこちら

過去のトピックス

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ