ライフハウス千種2

秋を見つけに

2008.11.11
ライフハウス千種2では、毎年恒例の秋の行楽を10月30日に開催しました。。
今年は、“覚王山 和遊び散歩”と題し、和の情緒を味わう門前町を散策しました。

最初に松坂屋創業者の別荘である「揚輝荘」をボランティアの案内で散策。
その後、料亭「松楓閣」で懐石・お寿司を味わいました。食後には門前町の散策をしたり、庭園ギャラリー「いち倫」でお茶を楽しんだり…。
天気にも恵まれ心もお腹も大満足の一日でした。
(from.ハウススタッフ)

揚輝荘のお庭を見学する入居者の皆さん
**********************************************
揚輝荘(ようきそう)とは…
松坂屋の創業者、伊藤次郎左衛門祐民氏の別荘で、回遊式の庭園に聴松閣などの建築物が
点在する。
かつては各界の要人や文化人が往来した迎賓館、社交場として華やいでおり、アジアの留学生
が寄宿して、国際的なコミュニティを形成していました。
その後、世の移ろいを経て残された近代建築は文化財として、また庭園緑地は都会のオアシス
として、市民共有の貴重な財産となり、市指定有形文化財にも指定されています。

  • 記事の一覧へ戻る
  • このハウスについて詳しく知りたいはこちら

自分にあった有料老人ホームや高齢者施設が見つからない方や、入居についてご相談したいことがございましたら、お気軽に下記の無料相談窓口(フリーダイヤル)または資料請求とあわせてご相談ください。安心の老後を送っていただける第二のお住まいが見つかることを願っています。

資料請求・お問い合わせはこちら

過去のトピックス

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ