高根台つどいの家

地域とともに歩む
  〜住み慣れた地域で、できる限り暮らし続けるを応援します

2009.12.3

「誰でも安心して暮らし続けることのできるまち」


建て替えが進む高根台団地ですが、高齢化や独居もあり、団地自治会や民生委員には、認知症の初期と思われる住民の相談や事例が多く集まるようになっており、対応に苦慮するケースが多くなっています。
 そこで、高根台団地自治会福祉厚生部と高根台つどいの家と協同で、事例検討会や勉強会を企画し、第1弾として、「認知症を知ろう」をテーマにつどいの家の食堂にてセミナーを開催いたしました。

★第1回のセミナー

テーマ:「医療から見る認知症の症状とその理解」
講師:医療法人社団実幸会 つるおか内科 院長
    鶴岡和弘Dr

 鶴岡Drとは、高根台つどいの家の定期往診医として連携しており、高齢者に対する深い理解にご入居者からの信頼も厚いDrです。
 参加者は、団地自治会はじめ、民生委員、地域住民、近隣の福祉関係者、つどいの家のご入居者等地域に関わるいろいろな方々が集まりました。


事前申し込みを超える70名以上の参加を頂きました。

事例や経験を基にした具体的なお話に
参加者同士で大きくうなづく場面も見られました。
このセミナーを皮切りに、毎月1回、全4回の勉強会&事例検討会を計画しています。
高根台地区で安心して暮らし続けるために、高根台つどいの家としてどういう役割を果たしていくか。
まさに地域と一緒に成長する必要を感じています。

  • 記事の一覧へ戻る
  • このハウスについて詳しく知りたいはこちら

自分にあった有料老人ホームや高齢者施設が見つからない方や、入居についてご相談したいことがございましたら、お気軽に下記の無料相談窓口(フリーダイヤル)または資料請求とあわせてご相談ください。安心の老後を送っていただける第二のお住まいが見つかることを願っています。

資料請求・お問い合わせはこちら

過去のトピックス

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ