宮崎台つどいの家

秋の展覧会(入居者作品展)

2012.11.10

生活科学運営では、関東・中部・関西の各エリアで、年1回 入居者の作品展を開催しています。
今年、「宮崎台つどいの家」は初めての参加となり、認知症グループホームから3点、小規模多機能型居宅介護からは2点の作品を出展しました。

秋の展覧会のご様子を紹介します!


貼り絵(布) (作品名:華やかなこいのぼり)
入居者皆さんで、様々な柄の端切れを貼り合わせました。他にはない鮮やかなこいのぼりの完成です。


貼り絵(作品名:夫婦の共同作業)
つどいの家に来る時に、いつも1つ1つ集中して作業されて完成しました。俳句に通う奥様と、つどいの家に通う旦那様の共同作品です。

ベンチとテーブル
まずは設計図面から書き、夏の暑い時期にテラスでスタッフと作業して作りました。作業後に冷たいビールで座り心地などを確認して完成させました。

下の2枚の写真は、『折り紙フラワー』の出展に向けて、最終調整にとりかかってるところです。

折り紙フラワーの最終仕上げ
向きなどもこだわって仕上げておりました

天気のいい日にテラスで作業。
見栄えも考えて仕上げます。
 ◎グループホーム入居者による「折り紙フラワー」ワークショップ
展覧会の初日に、グループホームの入居者の方が講師となった「折り紙フラワー」のワークショップを行いました。素敵なお花の作り方を、来場者に教えてくださいました。

ワークショップ中
「ここは、こうやって作ります」

スタッフと利用者と記念撮影

 
 
 完成作品

展覧会後、「来年はどんな作品をつくろうかしら?」と、利用者とスタッフで話したりしていました。
今年よりも素敵な作品が出来るように、頑張ります。

作品を出展された利用者の家族からは、「素敵な作品ありがとうございます」と、感謝の言葉を頂いたり、展覧会に来られたご家族の方と作品で撮影した記念写真をプレゼントして、大変、喜んでいただきました。

また、ワークショップの講師をされた入居者は、「本当にやって良かった」と言ってくださり、関わったスタッフみんなで、出来てよかったと喜びました。(From ハウススタッフ)



   おまけ!

     展覧会参加後に、浅草めぐり!

     スカイツリーもきれいに見えました。


  • 記事の一覧へ戻る
  • このハウスについて詳しく知りたいはこちら

自分にあった有料老人ホームや高齢者施設が見つからない方や、入居についてご相談したいことがございましたら、お気軽に下記の無料相談窓口(フリーダイヤル)または資料請求とあわせてご相談ください。 安心の老後を送っていただける第二のお住まいが見つかることを願っています。

資料請求・お問い合わせはこちら

過去のトピックス

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ

長谷工シニアグループ

  • 長谷工シニアホールディングス
  • 生活科学運営
  • センチュリーライフ
  • ふるさと
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。 ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。