ライフ&シニアハウス日暮里

〜ノーリフティングポリシーのまき〜

2019.8.1

皆様は「ノーリフティングポリシー」という言葉をご存知ですか?

元々はオーストラリア看護連盟が提言した取り組みで介助時に

「持ち上げない!抱えあげない!」を基本としています。

ライフ&シニアハウス日暮里でも、「身体介助によるご入居者様への

負担、そしてスタッフの負担も減らそう!」という目的の元、

「ノーリフティングポリシー」の取り組みを推奨しています!

 

今回は実際に使用している福祉用具の

一つである「スライディングボード」を

ご紹介致します。

ボードは移譲の際、立ち上がりが困難な方に推奨

しています。左の様に、車椅子とベッドに橋を

かけるように配置して使います。

 

 スタッフと移乗先を確認して

(必要に応じてスタッフの介助が入ります)

 

 

 

 

移乗完了!転倒の心配もなく、ゆっくり

移乗できました。ポイントは安全かつ

その方の残存機能を生かしたケアができる事です。

 他にも様々な機器などありますが、残存機能を考慮し、

その方に合ったものを導入できるよう心がけています。

この取り組みを推進していく事で、我々スタッフも健康に働く事ができ、

よりいっそう皆様との毎日を充実したものにできるよう、今後も

取り組んでまいります!

(from ハウススタッフ)


  • 記事の一覧へ戻る
  • このハウスについて詳しく知りたいはこちら

自分にあった有料老人ホームや高齢者施設が見つからない方や、入居についてご相談したいことがございましたら、お気軽に下記の無料相談窓口(フリーダイヤル)または資料請求とあわせてご相談ください。安心の老後を送っていただける第二のお住まいが見つかることを願っています。

資料請求・お問い合わせはこちら

過去のトピックス

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ