上布田つどいの家

「チーム・たま」

2015.2.20

 今回は、「チーム・たま」の活動についてご紹介します。

 「チーム・たま」とは、川崎市の多摩地区の多職種の代表者が一堂に会して、地域連携ネットワークを構築することで地域在宅療養の質の向上を目指すことを目的としており、2013年9月に発足しました。
 発足の背景としては、政府による在宅医療・介護への積極的指導が行われるようになり、急速に在宅を取り巻く環境が変化しているなか、在宅療養が多種多様であることから、その支援を行う組織も複雑化しており、必ずしも十分な連携がとれているとはいえないという現場で働く殆どの人に共通した思いや悩みがあるという考えからでした。
 

 川崎市高齢者グループホーム連絡会の代表として上布田つどいの家の谷ハウス長も「チーム・たま」のメンバーとして活動しています。

 

第1回 市民公開講座開催

市民公開講座のチラシ

〜「チーム・たま」とその活動〜

 多摩区医師会などの医療関係者、介護・福祉事業者、行政からなる多職種ネットワーク組織「チーム・たま」は、川崎市の多摩区内で、在宅療養・在宅介護が必要な方に、医療や介護、福祉、その他生活に関わる多職種が協働・連携し、一つのチームとしてケアの提供に取り組むことを目指しています。

 今年の1月には、「チーム・たま」と多摩区医師会在宅医療委員会の主催で[チーム・たま 第1回 市民講座]が開催されました。「-住んでよかった、安心して過ごせる街、たま- 終の住処、あなたなら何処に」というテーマで開催され、400名程の方が参加され大盛況でした。

 今後もこのように地域と連携をし、多くの繋がりを大切にしていければと思います。

(from  ハウススタッフ)

 


  • 記事の一覧へ戻る
  • このハウスについて詳しく知りたいはこちら

自分にあった有料老人ホームや高齢者施設が見つからない方や、入居についてご相談したいことがございましたら、お気軽に下記の無料相談窓口(フリーダイヤル)または資料請求とあわせてご相談ください。安心の老後を送っていただける第二のお住まいが見つかることを願っています。

資料請求・お問い合わせはこちら

過去のトピックス

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ