シニアハウス長居公園

クリニックが同じ建物内にある安心

2017.6.1

シニアハウス長居公園では、介護スタッフのほか、日中は看護師が2名勤務しています。今回は、夜間帯の対応についてご紹介します。

看護師が退勤する19時30分以降の夜間帯にご入居者の体調の変化や転倒などがあった場合は、介護スタッフが看護師に電話で報告します。


協力医療機関「李クリニック」は
ハウス1階に入っています
報告を受けた看護師は、介護スタッフに対応の方法を指示。ご入居者の状態によっては看護師がハウスに駆けつけ、救急搬送の指示と協力医への連絡・報告を行います。

協力医は、同じ建物の1階にある李クリニックの先生です。

往診を希望される方は、インフルエンザ等の予防注射もハウスで行うことができます。往診後には、医師、看護師、ケアマネジャーでカンファレンスを行い、ご入居者一人ひとりの健康管理について、相談・検討・確認をしており、24時間安心の体制が整っています。

from. ハウススタッフ

  • 記事の一覧へ戻る
  • このハウスについて詳しく知りたいはこちら

自分にあった有料老人ホームや高齢者施設が見つからない方や、入居についてご相談したいことがございましたら、お気軽に下記の無料相談窓口(フリーダイヤル)または資料請求とあわせてご相談ください。安心の老後を送っていただける第二のお住まいが見つかることを願っています。

資料請求・お問い合わせはこちら

過去のトピックス

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ