ライフ&シニアハウス千種

月に一度の勉強会

2015.7.22

シニアハウス(介護型)では、毎月一回スタッフによる勉強会を実施しています。

テーマは、認知症に関してはもちろん、介護現場における職業倫理や個人情報の取り扱い、感染予防、おむつ業者によるおむつの正しいあて方、看取りケアなど様々です。毎回、担当スタッフが、現在のハウスのご入居者の状況に近い事例を挙げて資料等を準備しています。

今回は、業者による手洗いの講習会の模様を紹介します。


ご入居者を見守りながらの講習会は、介護フロアにスクリーンをかけて行いました

 はじめに

講師の方から手洗いや細菌、感染等についての講習をしていただきました。

ご入居者だけでなく、ご家族の方にもご参加いただき、皆様、真剣に聞き入られていらっしゃいました。

 

最後に、TV等でよく目にする手洗いがしっかりできているかチェックするために、ブラックライトを当てて確認しました。

 

専用の蛍光クリームを手首まで塗ります

手を洗う前の状態をライトを当てて見ます

 

手洗い後、もう一度ライトを当てて見ると・・

『わ〜!まだ残ってる!』

 普段から手洗いをしっかりしているスタッフですら、手洗い後にライトを当てると手首の周りや、爪の生え際、指の関節部分に洗い残しがありました。

しっかり洗ったつもりでもなかなかできていないものです。

参加者の中には、再度洗いなおしてライトを当てて確認する人もいました。

 

 

今回の講習で、スタッフもご入居者も手洗いに関しての関心が今まで以上に高まりました。

これから、食中毒の危険性が高まる時期になります。手洗いを含めた衛生管理をしっかりと行い、ご入居者が安全にこの夏を乗り切れるよう努めてまいります。
from. ハウススタッフ


  • 記事の一覧へ戻る
  • このハウスについて詳しく知りたいはこちら

自分にあった有料老人ホームや高齢者施設が見つからない方や、入居についてご相談したいことがございましたら、お気軽に下記の無料相談窓口(フリーダイヤル)または資料請求とあわせてご相談ください。安心の老後を送っていただける第二のお住まいが見つかることを願っています。

資料請求・お問い合わせはこちら

過去のトピックス

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ