お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

広報トピックス

リリースに関するお問い合わせ
広報部 03-5427-3176
(受付時間 平日9:00〜18:00)

有料老人ホームの災害対策

 
非常食の炊き出し訓練。
ベテラン入居者のご指導で「おにぎり」を。(埼玉・ライフ&シニアハウスリボンシティ川口) ⇒詳しくはこちら


全てのハウスに、AED(自動体外式除細動器)を設置しています


地震体験車で、実際の揺れを体験(東京・ライフ&シニアハウス日暮里)
8月11日早朝、駿河湾を震源としてマグニチュード6.5、最大震度6弱の地震が発生しました。

生活科学運営では地震直後から、全てのハウスでスタッフが入居者の安全確認と建物・設備点検を行い、全員、お怪我もなくご無事でお過ごしであることが確認できました。

被害にあわれた地域の皆様に心からお見舞い申上げ、一日も早い復旧をお祈り申上げます。
----------------------------------------
「有料老人ホーム」は、介護保険法、老人福祉法、消防法等の関係法令に基づいた形でなければ設置はできません。そして行政や消防署から定期的或いは随時の立入検査が行われます。利用者保護の観点から、一定水準以上の運営機能が確保されているか、常に厳しくチェックされるのです。

災害対策においては、火災報知設備、自動通報装置、消火器、スプリンクラー、誘導灯の設置、避難経路の確保、防火管理者の選任、避難介助者の確保、定期的な避難訓練の実施などなど…。高齢者の安全を守る責任は重大です。

生活科学運営のハウスでは、対策のひとつとして食料の備蓄をしており、アルファ米と水を基本に缶詰やレトルト食品など、全入居者3日分を確保しています。
そして毎年ハウスで実施される避難訓練で、点検も兼ねて非常食の炊き出しを行っています。
また 各ハウスの状況に合わせて、入居者の皆さんと協力しながら、災害対策に積極的に取り組んでいます。

ハウスは、スタッフが昼夜交代で24時間、365日、入居者の生活サポートを行っていますが、大きな地震は、いつ、どこで起きるか分かりません。
災害への備えは大丈夫か、改めて心を引き締めたいと思います。
------------------------------------------------------------
<ハウスの災害対策の様子>
町会と「災害時相互応援協定」を締結
自衛消防隊が、署轄の審査会で4年連続の優秀賞を受賞
入居者の避難訓練
------------------------------------------------------------

( 2009.8.12 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。