お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

広報トピックス

リリースに関するお問い合わせ
広報部 03-5427-3176
(受付時間 平日9:00〜18:00)

支えられて創業25周年
軌跡をまとめた冊子『あゆみ』を発行

 
東京ディズニーランド、劇団四季の「キャッツ」、プランタン銀座、花王の「バブ」、タカラCanチューハイ、ファミコン、そして、生活科学運営…。その共通項は「25周年」です。

生活科学運営の前身である生活科学研究所が、名古屋の地において任意団体として活動を開始したのが1983年6月のこと。大韓航空機撃墜事件が起こり、松田聖子さんが人気絶頂、NHKの朝の連続テレビ小説「おしん」が高視聴率を上げた年でした。さて、皆さんは当時、何をされていたでしょうか。

生活科学が行ったのは、経済が安定成長期に入り生活が物質的には豊かになった反面、人と人との関係が失われていくなかで、社会の歪みの影響を受けやすい子ども、女性、高齢者の視点に立って生活を見直そうという生活改善運動でした。まず最初に行ったのは、子育てが一段落した主婦を対象にした「女性のための転職、再就職セミナー」。続いて、都会と田舎の子どもたちの交流の場づくりとしての「ジュニアキャンプ」でした。課題を抱えている人たちの本質的なニーズを引き出し、問題解決をすることでニーズに応えていく参加型の手法は、創業当初から活動の根本にあったのです。

そうした創業期から今日までの当社の歴史をまとめた冊子『あゆみ』が、制作開始から半年をかけて、このたび完成いたしました。第一章では「温故知新」として当社のあゆみを、第二章では「多種多様」としてハウスのあゆみを、第三章では「一期一会」として入居者はじめ当社を支えてくださった方の声をまとめたものです。

 
創業期に設楽町(愛知県)で行った親子
サマーキャンプ。
都会の子どもと田舎の子どもが交流した(1984年8月)
決して順風満帆とはいえない25年ではありましたが、常に生活者の視点に立ち、もっとよいものを、ニーズに合ったものを、と仮説と検証を繰り返し、試行錯誤を重ねてきた当社とハウスのあゆみを一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。(S.I)


※ご希望の方には冊子を差し上げます。
コチラの問い合わせフォームの相談内容欄に「あゆみ希望」と明記の上、お申し込みください。

( 2008.12.1 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。