お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

広報トピックス

リリースに関するお問い合わせ
広報部 03-5427-3176
(受付時間 平日9:00〜18:00)

独立行政法人都市再生機構主催
『Aging in “DANCHI” UR高齢者フォーラム2012』開催

パートナーシップ事業者の代表として当社社長の浦田が「団地再生」について提言

2012年10月31日(水)、東京都千代田区にあるイイノホールにて、独立行政法人都市再生機構(以下、UR都市機構)主催による「Aging in “DANCHI” UR高齢者フォーラム2012」が開催されました。定員400名の会場はほぼ満席で、団地の高齢者問題に対する皆さんの注目の高さが感じられました。


UR都市機構とパートナーシップを組み、「ふれあいプラザ長居公園南」など6ヵ所で事業を展開。その必要性と今後の団地再生の取り組みについて協議

基調講演で、日本の福祉政策および地域ケア研究の第一人者であり、国際医療福祉大学大学院教授で財団法人高齢者住宅財団理事長の高橋紘士氏が登壇。高齢化が進む団地の再生には、その地域の中でその人にとって適切な医療・介護サービスが受けられる=「エージングプレイス(地域居住)」の考え方が重要であり、地域内でケアができるシステムの整備が急務であると強く訴えられました。
次に、UR都市機構から当社が参画する「ふれあいプラザ長居公園南」や「高根台団地」をはじめとする高齢者支援のモデル事業が紹介されました。
「ふれあいプラザ長居公園南」はUR都市機構と協力した団地再生のモデル事業であり、元気なときには団地で暮らしながら緊急時対応や食堂などのサービスが利用でき、もし介護が必要になった場合は、同じ団地内に建てられた、当社が運営する介護付き有料老人ホーム(シニアハウス長居公園)に優先的に入居できるシステムとなっています。ハウスの1Fにはテナントとして医療機関もあり、地域包括ケアの拠点として大きな役割を果たしています。

その後行われたパネルディスカッションで、当社社長の浦田が、社会福祉法人生活クラブ理事長の池田徹氏、基調講演を行った高橋氏、UR都市機構理事の内海英一氏と今後の団地再生について熱く協議。長居公園を含め、UR都市機構とパートナーシップを組んで事業を6ヵ所展開している当社としては、今までの経験をもとに現状の課題と今後の取り組みについて提案。今後も連携をより深め、当社のサービスを団地再生にさらに活かしていきたいと語りました。

地域と介護サービスの関わりに対する意識をさらに深め、その地域に居住する方々の立場に立って、いつまでも自分らしく暮らせる「終の住まい」を皆様に提供していきたいという気持ちをさらに強くしたフォーラムとなりました。

( 2012.11.14 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。