お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

広報トピックス

リリースに関するお問い合わせ
広報部 03-5427-3176
(受付時間 平日9:00〜18:00)

介護なんでも文化祭で発表した「上布田つどいの家」がNHKのニュースで紹介されました


「介護なんでも文化祭」のセミナーでは、谷 大樹ハウス長が「生活の継続性の維持」を重視した数々の取り組みを紹介

10月13日(土)に開催された「第8回 市民発! 介護なんでも文化祭」の模様が、翌朝のNHKのニュースで放送されました。そのなかでクローズアップされたのが、当社の出展セミナー「地域とともに生きる!を実現する 高齢期の住まい」で発表した「上布田つどいの家」(川崎市)。

「上布田つどいの家」は、小規模多機能型居宅介護、認知症グループホーム、賃貸住宅、地域交流スペースからなる複合ハウス。2〜3階の賃貸住宅に住み自立生活を送りながら、支援が必要になったら1階の小規模多機能型居宅介護を利用し、認知症が進めば同じく1階にあるグループホームに入居するなど、環境を変えずに必要に応じて支援を受けながら住むための機能を擁しています。

ニュースでは、小規模多機能型居宅介護を利用している賃貸住宅の男性入居者が登場しました。交通事故の後遺症で言葉に障害があるため、会話の練習を目的に毎日1階で昼食をとりながらスタッフや利用者と交流をしたり、音楽療法にも参加したりしている方です。

グループホームの様子も紹介されました。スタッフと炊事を楽しんでいた入居者の女性は、もとは小規模多機能型居宅介護の利用者。グループホームへの移行期は環境変化のストレスを軽減するため、少しずつグループホームに遊びに行く時間を増やし、好きな生け花や書道をしながらスタッフや入居者に馴染んでいただきました。同じ建物内だからこそ可能な取り組みです。

「上布田つどいの家」はこれからも、介護保険サービスとインフォーマルサービスを組み合わせながら、入居者、利用者はもちろん、地域の方が利用できる場や機会をさらに増やし、地域でのなじみの関係づくりに力を入れていきます。


ニュースは数日間、NHKオンラインで視聴できます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121014/k10015725711000.html

( 2012.10.15 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。