お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

広報トピックス

リリースに関するお問い合わせ
広報部 03-5427-3176
(受付時間 平日9:00〜18:00)

新入社員、激動の時代に志高く

今年度、生活科学運営は17名の新入社員を迎え、17日間の全体研修を行いました。 

内容は、社会人基礎研修や介護実習、ハウスを企画する研修など、座学から実技まで多岐にわたります。新入社員は「日によってまったく違うので面白い」と意欲的に取り組んでいました。

2013年11月に長谷工コーポレーションのグループ会社となって、約1年半。同じシニア関連事業グループである株式会社センチュリーライフにも6名の新入社員が入社し、業務上の共通点も多いことから、当社では初めて一部合同の研修を実施しました。

社長の話に頷きながら参加

救命講習はペアワークで実施

 

「社長と語ろう」では、センチュリーライフの社長も兼務する浦田社長がグループ・両社の事業目標を示したうえで、新入社員に期待することを熱弁しました。

 

最後に「皆さんには介護職員として優秀になってほしいのではなく、ハウス、ひいては会社を担う人になってほしい」と一言。新入社員は1つのハウスや職種にこだわらず、あらゆる分野に挑戦できます。

「商品のライフサイクル」について

意見を聞きながら説明する浦田社長

新卒入社3年目のスタッフが案内

「ハウス見学」では、

ライフ&シニアハウス港北2と上布田つどいの家を訪問。

 

ハウスの雰囲気を肌で感じながら、現場スタッフとの質疑応答で理解を深めました。

 

上布田つどいの家のハウス長から「5年後、10年後どうなりたいか?」

という質問には以下のような意気込みが。

●社長の思いに共感したので、ハウスを拠点とした都市コミュニティづくりをしたい。

●現場経験を積んで、自信がついたら開設企画や営業を経験したい。

 最終的には自分の作ったハウスで、ハウス長を務めたい。

●介護・福祉業界の偏見や閉塞感を払しょくするために、業界のよさを伝えたい。

●入居者だけでなく家族の意見もしっかり取り入れられる生活相談員になりたい。

 

自分の興味・関心に基づいたキャリアプランに加え、日本の社会問題を解決したいという意気込みが感じられます。当社では専門職のスペシャリストとしての道もあれば、ハウス長をはじめとした管理者の道もあります。それが総合職採用の特徴と可能性です。

 

実はこれを書いている私も入社2年目。ハウスの介護スタッフを経て、広報課へ異動となりました。1年前に同じ研修を受けていた身として感じることは、研修はあくまでも基礎であり、現場では常に自分で考えなければならないこと。少子高齢化が深刻化する昨今において、若さは武器です。そして私たちの仕事は高齢者、ひいては日本を支える大切な仕事になるはずです。17名のみなさん、一緒にがんばっていきましょう!

(取材 広報課 M.O)

( 2015.4.30 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。