お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

広報トピックス

リリースに関するお問い合わせ
広報部 03-5427-3176
(受付時間 平日9:00〜18:00)

利用者の視点でつくられる「もうひとつの住まい方」

「第4回もうひとつの住まい方研究大会2008」のご案内

「もうひとつの住まい方」(オルタナティブ・ハウジング&リビング)とは、参加と共生の理念を大切にした、新しい住まいや暮らしのことです。

近年、入居者主体の住まいづくり(コーポラティブハウスなど)、多世代の協働居住型住まい(コレクティブハウスなど)、高齢者の共生型住まい(グループリビングなど)、その他、従来のマンションや施設などの問題点を踏まえて、子どもからお年寄りまでが楽しく安心して暮らせるような新しい住まい方が注目を集め、これからの発展が期待されています。

このような「もうひとつの住まい方」に関わる市民や企業人、福祉や建築関係者、研究者などが集い、相互に交流・啓発する場として、2004年から毎年研究大会を開催。
生活科学運営は、第1回より積極的に参加し、多くの事例報告をしてきました。

第4回となる今年は、「住民主体、地域主体の新しいまちづくり・住まいづくりの実践と提案」を大会タイトルとして、福祉と住宅が連携した住民主体の先駆的な取組みの事例報告、老後まで安心して暮らせる街へと発展させる方法や中間的所有形態の提案などを取り上げます。
------------------------------------------------------------
日時:2008年11月23日(日)10:30〜16:30(受付:10:00)
場所:千葉大学(JR西千葉駅下車) ★詳細はこちら(PDF)>>
資料代:2000円

<プログラム> ★詳細はこちら(PDF)>>
1)基調講演:野村隆司(千葉県健康福祉部健康福祉政策課課長)
         「だれもがありのままにその人らしく地域で暮らす」を
           テーマにした県民主体の福祉政策づくり
2)分科会
   【分科会A】高齢者の住まいの多様化〜高専賃は安心して住まえる住宅か〜
   【分科会B】中間的所有権の譲渡・継承
   【分科会C】コミュニティで支え合う、多ニーズに応える住まい方
             〜小規模・多ニーズ対応型住宅の定点観測から見えるもの〜
   【分科会D】地域で住まい続けるために(1)
          ・公営住宅再生と地域拠点作りの取組み
   【分科会E】地域で住まい続けるために(2)
          ・分譲マンション団地を持続可能な街にする方法
3)全体フォーラム
   テーマ:住民主体、地域主体の新しいまちづくり・住まいづくりをめざして
-----------------------------------------------------------
どなたでもご参加いただけますので、ご都合のつく方は、ぜひご来場ください。(M.Y)

( 2008.11.18 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。