お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

広報トピックス

リリースに関するお問い合わせ
広報部 03-5427-3176
(受付時間 平日9:00〜18:00)

入居者インタビュー「共同生活の鍵は“孤独耐性力”」

老施設 内より眺む 春の街

これは、今年2月ライフ&シニアハウス日暮里に入居した秋元柳子さんが詠んだ俳句です。今まで外から見ていた高齢者住宅に入居し、内側から見て思うこととは……。今回は、元ジャーナリストの秋元さんならではの客観的視点、入居直後だからこそ見えてくるハウス生活のおもしろさや課題、自宅生活とのギャップを、率直に語っていただきました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------


ライフ&シニアハウス日暮里
秋元柳子さん 76歳

多様な人が出入りする生活感が
気に入って
6年前に夫が亡くなり、埼玉県狭山市で一人暮らしをしていました。住みかえについては具体的には計画しておりませんでしたが、弟夫婦が一人になった私を心配していたこともあり、また、なにより好奇心が旺盛なもので、老後の住まいをテーマにしたセミナーがあると聞きつけ参加してみることにしたのです。そこで、生活科学運営の入居相談員の方と出会いました。


最初は自宅から近い所沢のハウスを見学しましたが、下町っぽいオープンな性格の私により合ったところを、ということで「ライフ&シニアハウス日暮里」を紹介されました。見学したところ、非常に明るく、生活感のあるところが気に入りました。

じつはその前にも、知人のご縁で他社の有料老人ホームを見学したことがありました。実に豪華なホームで、歩くとコツコツ音がするようなしんと静まりかえったロビーや、思わず服の埃をはらってから座りたくなるような高級な椅子に驚かされました。ナイフとフォークでいただく食事、受付にはかんじのいい素敵なお嬢さんが座っている…。ほとんど高級ホテルですよね。ざっくばらんな私の性格には合わない暮らし方だと感じていましたので、生活感のある日暮里のハウスを見て、うれしく思いました。ここは必ずだれかがいるでしょう? (インタビュー中、多目的室に遊びにきたテナントの保育園の子どもたちを見て)ほらね、こういうのがいい。スタッフも入居者もいろいろな人がいて、多様性を受けいれるハウスだと感じたのです。やはり環境は人がつくるものですから。



ハウスでは、イベント時だけでなく日常的に園児たちが遊んでいます。多世代のいる風景は、秋元さんのお気に入りです。



園児に続いて登場した安藤ハウス長と。「このハウス長、顔も大きいけど(笑)、人物が大きい。包容力があるんですよね」

スタッフ間の連携、細やかな配慮に感謝
入居してうれしかったのは食事の面でのケアです。私は甲状腺の病気があり、海藻類を食べてはいけないという食事制限がありますが、それをお伝えして以来、一度も海藻類は入ってきません。また、取り除いた分は他の食材で補ってくださる。スタッフ間の情報共有の徹底と、厨房の方の細かな配慮に感謝しています。


スタッフと入居者は、対等であるべき
ハウスにお願いしたいのは、過度なへりくだりをしないでほしいということです。高級ホテルのようなホームほど顕著ではありませんが、ここでも多少、見受けられます。ケアする人もされる人も対等でありたいのです。


逆に、丁寧な言葉遣いが必要、と感じるときもあります。認知症を患っている方に対しても、たとえば「いいよ、いいよ」ではなくて「いいですよ」と丁寧語で話してほしい。悪気はなく、忙しさや、あるいは親しみからそのような言葉が口をついて出てしまうのだと思いますが、これは人間の尊厳に関わることですから、そこまで含めての対等の関係をつくっていきたいのです。ある一時期だけを切り取って人間を見るのではなく、過去も現在も1本の線にして、包括的な視線で見ていただければと思います。


男性は、有料老人ホームでの共同生活に向いている!?

ところで、入居して気づいたことがあります。それは、男性の入居者の謙虚さ。立派な社長さんや社会的に活躍された方もいらっしゃるでしょうに、皆さん、それを絶対にひけらかしません。男性は環境にあった振る舞いができるという意味で、やはり社会的な動物なのだと、そういう面では男性にはかなわないと思いました。勉強になります。私も含めて、どうしても働いていた女性は、「自分」を出してしまいがち。気をつけます。それから、居心地のいい共同生活をする上で大事なことは、自分を律し、入居者同士はほどよい距離を保つことだと感じました。


ハウスのサービスと地域資源、両方を活用していく

とはいえ、オープンな性格ですので、入居2カ月弱というのに、ライフの方/シニアの方問わずさまざまな方との交流をしています。誘い合って喫茶店に出かけたり、ともに俳句を楽しんだり。とくに私は体を動かすことが好きですので、ハウス内で入居者とともに行う体操と、地域のスポーツクラブや荒川区の施設など目的に合わせてバランスよく活用していこうと考え中です。

幸い、このハウスは立地がいい。夫のお墓がある谷中にも近いですし、バスにのれば、東京の街のたいていのところにはアクセスできます。先日は、浅草の観音様へお参りに行ってきました。押上のスカイツリーも基礎からしっかり確かめてきました。元気なうちは、ここを拠点に積極的に街歩きを楽しみたいです。


ホームシックをどう克服するか――孤独力の必要

ただ、45年も住んでいた自宅にはなかなか心が離れがたいもので、先日も、自宅に物を取りに帰ったところ、庭のかりんの花を見てホームシックになってしまいました。いくら明るいハウスでも、やはり居室に入れば、自宅での一人暮らし同様、孤独です。かえって孤独が際立つということもあるでしょう。自宅にせよハウスにせよ、孤独とうまくつきあう力「孤独力」を身につけることは必要だと感じます。孤独の時間も大事。自立した個をもって、孤に耐える力を、共同生活を送る上で身につけていきたいと思っているところです。


( 2010.4.20 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。