お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

広報トピックス

リリースに関するお問い合わせ
広報部 03-5427-3176
(受付時間 平日9:00〜18:00)

「健康運動」の結果を、学会で発表しました

9月12〜13日、桜美林大学で行われた「日本健康心理学会・第21回大会」で、生活科学運営の介護予防体操を調査対象とした研究発表が行われました。

「高齢者に対する健康運動教室の実践研究」と題したこの研究プログラムは、スポーツ施設の運営や指導員養成等を手がける株式会社芙蓉エンタープライズと、桜美林大学大学院の煙山千尋氏、そして当社の3者が共同で行った取り組みです。
----------------------------------------------------------------------
2006年4月の介護保険法改正で「介護予防」が重視され、生活科学運営でも介護付有料老人ホームは介護予防特定施設事業者となりました。
私たちは、以前から取り組んでいる「生きがい支援」という日常生活での活動が、身体的にも心理的にも、今でいう「介護予防サービス」と同等の効果をもたらすと考え、生きがい支援を重視したハウス運営を行ってきました。そして実際に、今回の調査前に行った体力測定(8項目)では、ほとんどの入居者が平均基準を上回る数値()という結果でした。 (東京都老人総合研究所の体力測定評価基準に基づく結果)

とはいっても、経年に伴う体力の低下は否めません。そこで介護予防の「運動機能向上」として導入したのが「ゆうゆう体操」です。
これは当社が独自に考案した健康体操プログラムで、すでにいくつかのハウスで実践し、入居者から「運動効果を実感した」との声があがっています。

これを科学的・学術的検証に裏づけされた運動プログラムとして確立すること、また、この研究結果を多くの方に知っていただくことで社会貢献につなげたい――。
これが、今回の研究発表に至った経緯です。
--------------------------------------
調査期間は2008年2月2日〜4月30日。
「ライフハウス浦和」「ライフハウス浦和2」「ライフ&シニアハウス川越南七彩の街」に住む入居者計45名にご協力いただきました。運動のよさが証明され、社会に浸透し、多くの高齢者が元気になれば誇りに思う――。 そうした思いから、入居者の方々は、モニターとしての参加を快諾されました。

今回の研究発表では、運動の意識が高い人ほど生活の満足度が高い、という調査結果が得られました。同時に、意識の低い人への動機付けや効果的な心理的介入など、あらたな課題も見つかりました。この結果を生かし、入居者はもとより社会で広く取り入れられる体操へと進化させるべく、今後も研究を続けてまいります。(K.I.)

介護保険事業者や研究機関の方からは、「自治体と連携してさらなる地域貢献を」、「指導員養成や健康心理の研究をさらに進めるべき」といった期待の声が寄せられました。

講演会・シンポジウム、ワークショップ、口頭発表などが同時開催される中、当社はポスター発表を実施。質疑応答に対応しました。

学会でも関心を寄せられた介護予防体操『ゆうゆう体操』のDVD。筑波大学の久野譜也先生の監修により生活科学運営が考案しました。
こちらのDVDはインターネット通販「Amazon」でご購入いただけます(2,400円)
( 2008.10.23 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。