お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

運営部通信

活動だより

GA活動を広げるために

vol.33 「GA活動一般研修」

 

6月24日〜25日、1泊2日でGA一般研修を実施しました。

全国のハウスと本社から、21名が参加。

研修会場は鳥のさえずりが聞こえる自然溢れる八王子セミナーハウス。

 

GA活動とは:(株)生活科学運営で行っている、人の育成、職場活性化による企業活力の向上を目指した、職場の小グループでの業務改善活動

 

今回の研修の目標は

・GA活動の意義に対する理解を深める

・GA活動を行うための知識やスキルを体得する

・グループで問題解決を行うコツを身に付ける

 

まずは、「GA活動とは?」と、浦田社長の講義からスタートしました。

 

社長の講義に加え、参加者がお互い初対面の人が多いということもあり、最初は緊張感が漂っていましたが、時間が経つにつれて緊張感も解れ、和やかな雰囲気になっていきました。

 

午後からはGA活動を行う上で必要なスキルの講義。

その後は、いよいよGAの模擬活動です。

事例は、ハウスで起こった服薬事故。何が問題なのか?参加者の大半はハウスで勤務しているので、自分に置き換えて考えることができました。

 

テーマを決めた後は、現状把握→目標の設定→要因の解析→対策の検討→対策の実施→効果の確認→標準化の管理と定着→反省と今後の対応、といった順番で活動を進めていきます。

 

実際に現場で活動する場合は、6ヶ月位を活動期間としますが、研修では1日半で行うので時間との勝負でもあります。

 

行き詰った時は、各グループにいるファシリテーターから的確なアドバイスを貰い、議論は白熱していきました。

 

1日目は21時まで活動は続きました。

 

2日目は9時からスタート。

13時からの発表に向けてラストスパート。

 

 

制限時間ギリギリまで議論を続け、全グループ無事に発表まで終えることができました。

研修後は

「とても有意義な時間を過ごすことができた」

「自分の苦手なことが分かってよかった」

「学んだことはGA活動以外にも活用できそう」

「ハウスでもGA活動をしていきたい」

など、前向きな意見を聞くことができました。

 

研修で学んだことを現場で実践し、全社でますますGA活動が広がり、それと共に会社全体の運営の質の向上へとつながればと思います。


 

<自分で行うスイッチオン・セルフケア 〜腕〜 >

★身体を「触る」ことで神経が刺激されて目覚め、身体が認識でき、皮膚から受けた刺激が脳に伝わります。また、脳から筋肉に指令が伝わりやすくなり、自立をサポートします。

 

1)手のひら、甲をまんべんなくケアをする。

2)腕の内側を叩いたり、さすったりする。

3)腕の外側を叩いたり、さすったりする。

4)胸の上をほぐすようにマッサージする。

5)脇の下をほぐすようにマッサージする。

 

( 2014.7.3 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。