お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

運営部通信

活動だより

相手に行う 背中のスイッチオンケア

vol.36 スイッチオンケア 〜実践編〜

 

第30回の活動だよりから度々お伝えしているスイッチオンケア。

今回は、「背中」のスイッチオンケア。

 

実践に入る前にスイッチオンケアがどのようなケアなのか、少しおさらいです。

スイッチオンケアは、動かす筋肉に意識を向けたり、触れることです。そうすることで、眠っていた神経が目覚め、活躍する可能性があります。

また、自分で自身に行う「スイッチオン・セルフケア」と、相手に行う「スイッチオンケア」があります。

 

今回、お伝えするのは、相手に行うスイッチオンケア。

1回だけでも身体を意識するきっかけになりますが、2〜3回行うとより効果的です。


★流れ

※相手が椅子に座っている場合は、背中を背もたれから離してもらいましょう。

1)首の根本から仙骨に向けて、両手の手のひらで少し圧を加えながらさする。

2)さすった背中の外側を腰までさする。

( 2014.8.11 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。