お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

運営部通信

活動だより

20名の新しい仲間が増えました!!

vol.9 「新入社員研修〜その1〜」

 

今年は男性5名、女性15名の計20名の新入社員が入社しました。
4月1日の入社式が終わると、早速その日の午後から新入社員研修がスタートしました。
全体研修は総務部と運営部が担当して、4月22日まで行いました。
研修の様子を2回に分けて紹介していきたいと思います。

運営部では、「ハウスの歴史・特徴」「当社の事業構造・介護保険」「ロジカルシンキング」「介護実習」などの他に、「身体の構造・機能」や「腰痛予防体操」の研修を担当しました。身体についての研修においては、運動を専門職としているスタッフが在籍している運営部ならではです!!
まずは、自分がどんな会社で働いているのかを知るために運営部長より当社のハウスの特徴や種類、歴史について学びました。

 

■「ロジカルシンキング」の勉強中

「物事を論理的に考える力」を身に付ける研修です。効果的・効率的に情報を入手し、自分の頭で考え、アウトプットするための勉強をした上で、当社が業務改善活動として推奨している「GA(グループ・アクション)活動」の実習を行いました。

 

研修で学んだことをGA活動の実習で活かすため頭をフル回転させています。
「物事を論理的に考えることに慣れていないので難しかった」という意見から苦労した様子が伺えますが、「大切さが分かったので、訓練して身に付けていきたい」という意気込みも沢山聞かれました。

 

■「食」について考えます

運営部には管理栄養士が在籍しています。「食」におけるサービス基準についての研修も行いました。
高齢者は、加齢と共に舌の運動機能や咀嚼能力が低下するなど、口腔内の問題が生じてきます。高齢者にとって食べやすい食材の切り方など、工夫するポイントを実際に肉や野菜などを使って学びました。
生活の中で、「食事」は楽しみの一つです。食事は料理だけでなく、食べる場所や一緒に食べる人、その場の雰囲気も大切です。どうすれば心と体の両面で満足できる食事を提供できるか、声掛けから介助方法まで、体験を通して学びました。

 

運営部の介護予防指導員からは、「身体の構造や機能」について学びました。
介護する上で、身体がどのように動くのかを知ることは大切です。身体の構造や機能を理解し、入居者を安心安全な状態で残存機能を活かしながら介護することで、自分への負担も軽減することができます。
新入社員から、「一人一人を理解する大切さを学んだ」という意見がありましたが、「その人らしさを失わない生活」をサポートできるような介護を目指して、これから現場でも業務に取り組んでほしいと思います。

次回も、新入社員研修の様子を紹介していきます。


<ロコモ予防体操〜開脚のスクワット編〜>
★基本姿勢
1)お腹に力を入れる
2)胸を張る
3)顔を上げて前を見る

★流れ
1)足を肩幅より広く開き基本姿勢で立ちます。(不安定な人は、片手を椅子の背に置いてバランスを取りましょう)
2)両手を頭上に上げ、バレリーナの様なポーズをします。(不安定な人は、片手で結構です)
3)膝を2回軽く曲げます。この時に、お腹にしっかり力を入れます。ここで重心のバランスをしっかり身に付けましょう。
4)右に身体を捻って、膝を2回軽く曲げます。膝は外向き(つま先の方向)に曲げます。
5)左に身体を捻って、膝を2回軽く曲げます。膝は外向き(つま先の方向)に曲げます。

※股関節周りなど普段使わない筋肉を使います。転倒予防やふらつき予防に効果的です。
※立ち上がりや歩行を安定させるには、お腹の力が大切になります。身体に教え込んでいきましょう。



( 2013.5.9 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。