お電話でのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にご相談ください。

東京埼玉神奈川千葉伊豆

フリーダイヤル

名古屋

フリーダイヤル

大阪京都神戸

フリーダイヤル

受付時間 平日 9:00〜18:00

運営部通信

活動だより

GA活動のレベルアップを目指して

vol.28 GA活動 上級者研修 その1

 

風薫る5月、大自然に囲まれた八王子セミナーハウスでGA活動の上級者研修を行いました!

 

 

GA活動とは:(株)生活科学運営で行っている、人の育成、職場活性化による企業活力の向上を目指した、職場の小グループでの業務改善活動

GA活動の一般研修は毎年行っていますが、今回の上級者研修は、社内でGA活動を推進していく人達を育成するための新しい試みです。どんなことを行ったのかというと・・・!

 

1日目(5/16):課題達成型のGA活動を学ぼう!

 

GA活動のプロセスは、「問題解決型」と「課題達成型」の2パターンがあります。目の前にある問題、つまり≪なんらかの不具合がある状態≫をなんとかしようという「問題解決型」に対し、「課題達成型」は自ら課題を見つけ出し、創造性や発想の転換などで、新しいやり方を構築したり、従来からの大きな飛躍を目指したりするものです。

このことから分かるように、「課題達成型」は少し難易度の高い活動となります。一般研修では、「問題解決型」を学ぶ内容となっていますが、今回の上級者研修はGA活動を推進していく人達が対象なので、新たなチャレンジとして、「課題達成型」を学ぶ場とすることにしました。

演習課題は、「よく飛ぶ紙飛行機の開発」。玩具メーカーの営業促進イベントのため、「子どもでも簡単に作れて、よく飛ぶ紙飛行機を開発しよう」という設定です。

 

よく飛ぶ紙飛行機とはどんなものなのか?開発のための≪攻め所≫を考え、方策を練り、障害や副作用を排除し、試し、ああでもないこうでもない、を繰り返しました。

 

最終的にどんな結果になったのか?!は、ご想像にお任せしますが、「よく飛ぶ紙飛行機の開発」という演習をする中で、新しい「課題達成型」GA活動の学びを得ることができました。
次回は、2日目の様子をお伝えします。

 


 

<棒とタオルを使ってスクワットの姿勢を身に付けよう>

●棒

1)棒の端を握って、首の後ろにかける

2)脚はしゃがむにあたって、やりやすい幅に開く

3)肘を張って、肩甲骨を寄せて、顔を上げて前を見る

4)ゆっくりしゃがむ

 

●タオル

1)タオルを肩幅くらいに持つ(できる範囲で行いましょう)

2)脚はしゃがむにあたって、やりやすい幅に開く

3)肘を張って、肩甲骨を寄せて、顔を上げて前を見る

4)ゆっくりしゃがむ

 

※7〜10回行いましょう

※体力のある方は、2〜3セット行うとより効果的です

( 2014.5.30 )

一覧へ戻るarrow

  • 資料請求
  • セミナー&見学会
  • お問合せ
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter

「ライフハウス®」 「シニアハウス®」は、当社の登録商標です。
掲載写真は、当社が運営する有料老人ホーム等の実際の写真です。ご入居者の肖像権保護のため、記事・写真の無断転載を禁止します。
株式会社生活科学運営の有料老人ホームは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の登録ホームです。
有料老人ホームや高齢者住宅を手掛けて30年以上の実績。